業務案内

ベースホール工法
ケーシング(小型)立坑 コンクリート製ブロック方式(圧入式)

ベースホール工法1

ベースホール工法とは

先端に刃口(鋼製)を接続したコンクリートブロックを回転圧入しながら、コンクリート ブロック内部を専用掘削機で掘削し、立坑を構築する工法です。
推進工事終了後、マンホールとして利用します。

ベースホール工法の特長 

  • 人力による掘削、土留め材の建て込みを必要としないので 安全管理が容易です。
  • 施工速度が速く工期の短縮が図れます。 コンクリートブロックで確実に土留めしながら掘削するので地山の崩壊・地盤沈下のおそれが少ない。
  • 自立性の乏しい地盤でも、薬液注入等の補助工法を必要とせず軟弱土から礫質土まで施工可能です。
  • 内径900mm・内径1200mm・内径1500mm・内径1800mm・内径2000mmの立坑に適応できます。

施工手順

ベースホール工法施行手順

工法紹介ビデオ