業務案内

エースモール工法
掘削・圧送排土方式 

エースモール工法

エースモール工法とは

掘削土砂に添加剤を注入し、泥土化して立坑まで圧送排土するシステムです。

エースモール工法の特長

長距離…
独自の掘削・排土機構により、軟弱土から岩盤までの広範囲な土質で長距離推進を実現
曲線…
先導体の方向修正機構と高精度な位置計測システムで、曲線推進が可能
小型立坑に対応…
先導体の分割機能により、φ2.0m・φ2.5mの小型円形立坑から発進・到達が可能

イメージ図

エースモール工法イメージ図

泥土圧式の掘削・圧送排土機構

掘削土砂に添加剤を注入し、泥土化して立坑まで圧送排土するシステム

  1. 添加剤を先端かた噴出し、切羽に注入しながらカッタヘッドを回線させます。掘削した土砂を止水性と流動性のある泥土(スラリー)へと変換します。
  2. 泥土化した掘削土砂を先導体の外周面を沿って後部へ移送するとともに一部を取り込み、圧送ポンプで排土管を通じて発進立坑まで圧送排土します。
  3. 泥土の取り込み量をコントロールすることで一部を地山中に残し、切羽や坑壁の崩壊を防止するとともに泥土(スラリー)の滑材効果により推進力が低減します。

機種

DL-C(分割発進タイプ)
分割発進タイプは、φ2,000mm、φ2,500mmの小型円形立杭からの分割発進を可能にした工法です。 エースモール工法機種紹介 DL-C(分割発信タイプ)
機種 DL35-C DL50-C DL70-C
管種・管径 φ250~350mmHP
φ350~450mmHP
φ400~500mmHP
φ500~600mmHP
φ600~700mmHP
φ750~850mmHP
立坑寸法
立坑寸法

発進立坑寸法(止水器取付・内空寸法)(単位:mm)

呼び径 片発進 両発信
φ250~350 φ2,000 個別検討
φ350~500 φ2,500 個別検討
φ600~700 φ2,500 φ3,000
到達立坑寸法(止水器取付・内空寸法)(単位:mm)
呼び径 片発進 両発信
φ250~350 φ,1200 φ1,500
φ400~500 φ1,500 φ1,800
φ600~700 φ1,800 φ2,200